トピックス

紅茶の種類

blog-main

水出し紅茶の普及について

アイスティーは、従来、熱湯から抽出したものを冷やしてつくるものでしたが、今では水出し紅茶が主流になりつつあります。

昨今の猛暑の中、アイスティーを作るために、熱湯を沸かそうとは誰も思わないでしょう。
多くの人は手軽に飲めるアイスティーとして、ペットボトル飲料を利用しているのが現状です。

しかし、人工的な味になじめなかったり、コスト高であったりといった理由で、ペットボトルで満足しない人もいます。
こうした人の増加により、ペットボトルと同等の手軽さでありながら、紅茶本来の味が楽しめる水出し紅茶が注目され、需要が格段に伸びてきています。

ロンドンティールームでも、こうした時代の移り変わりを踏まえ、5~6年前より本格的に水出し紅茶に参入しました。

衛生面へのこだわり

水出し紅茶は殺菌処理をしないまま販売されてもいますが、当店が水出し紅茶を販売する上で何より重視しているのは殺菌処理です。

殺菌処理をしなければただちに危険!・・・というわけではないかもしれませんが、ロンドンティールームでは万が一のことを考え、殺菌処理を行っています。

水出し紅茶の殺菌処理だけではありません。ロンドンティールームでは、一般の紅茶でも、農薬検査や異物の除去など、衛生面での心配事はコストをかけてでも取り除くことを徹底しています。

こうした、万に一つの危険を取り除く姿勢は、25年ほど前から三越、大丸、阪急といった百貨店に出店していた時期に、衛生管理を徹底的に叩き込まれた結果です。現在も阪急メンズ館で営業をしているのも、こうした姿勢が高く評価されているからです。

そのおかげもあり、ロンドンティールームはこれまで35年の間、実店舗で衛生面に関するトラブルもなく、お店を続けることが出来ています。

だからこそ、当店の水出し紅茶は、安心安全であるとお客様に自信をもってオススメできるのです。
幸いなことに、水出し紅茶は殺菌処理をした方がよいという、当店の考えも多くの方に浸透してきました。

殺菌処理を行った際には、それを証明するための証明書が発行されます。
次回は、この証明書にまつわる記事を公開いたします。

ロンドンティールーム 楽天ショップ