トピックス

アイスティー

従来のやり方とは異なるロンドンティールームオリジナルの淹れ方です。

アイスシナモンティー

アイスティーの作り方5回目は、自然冷却方式で作るアイスシナモンティーです。1人分のレシピです。

アイスシナモンティーの作り方(自然冷却方式)

用意するもの

●お鍋(ミルクパン) 1つ
●茶漉し
●皿
●ティーカップ 2客
●グラス 1個
●メジャースプーン
●お湯:約200cc
●茶葉(セイロン産ディンブラティー):メジャースプーン山盛り1杯(4.0 ~ 5.0g)
●シナモンスティック: 1/2 本
●グラニュー糖:ティースプーン1杯(お好みで調整してください)
●氷(冷蔵庫で作る一般的なもの)


1.

シナモンスティックは半分(1/2本)使います。
皿などの容器の上で、荒く砕きます。
●POINT●
シナモンの塊が小さいほど、早く抽出されます。また、シナモンパウダーは不向きです。


2.

ティーカップなどに、茶葉を用意しておきます。
分量はメジャースプーン山盛り1杯分(4.0 ~ 5.0 g)です。


3.

別のティーカップに、グラニュー糖をティースプーン1杯分用意しておきます。
※グラニュー糖の分量はお好みでご調整ください。


4.

約200ccのお湯をお鍋に入れ、お湯を沸騰させます。


5.

お湯が沸騰したら、砕いたシナモンスティックを投入して約30秒煮込み、シナモンの味を染み込ませます。


6.

約30秒煮込んだら、用意していた茶葉を投入し、すかさず火を消して、お鍋に蓋をします。この状態で、約10秒蒸らします。
●POINT●
蒸らしすぎにならないよう、気を付けましょう。エグみや雑味の原因になります。


7.

蒸らし終わったら、茶漉しを使って、グラニュー糖を入れたカップに紅茶を注ぎます。よく掻き混ぜて、そのままの状態で約10分置いておきます。
●POINT●
常温に冷めるまで、自然冷却させるところがポイントです。
抽出直後の紅茶を氷に注ぐと、氷が解けて紅茶が薄まるので避けましょう。


8.

氷を入れたグラスを用意します。
常温まで冷めた紅茶をグラスに注ぎ入れて、できあがりです。
●POINT●
紅茶は常温まで冷めた状態なので、氷が解けださず、薄いアイスティーにはなりません。


いかがでしたでしょうか?
オーソドックスなアイスティーだけでなく、こうしたバリエーションティーにも挑戦してみてはどうでしょう?

ぜひ、ご感想をお待ちしております。

ロンドンティールーム 楽天ショップ