トピックス

紅茶大好きWebスタッフのブログ

久しぶりの旅日記です。
先日から当サイトでロンドンからのブログ(日々庶民なロンドン生活)がスタートしたので、内容が薄すぎるこの旅日記がちょっと恥ずかしくなってきましたが、こちらは観光客目線で細々と・・・。

早速ですが、イギリスは美術館や博物館などの入場料が無料だということをご存知ですか?(入口に寄付金の箱などが置いてあります)
5月の旅行では残念ながら目的が他にあったのであまりゆっくり周れなかったのですが、とりあえず大英博物館と大好きなV&A(ヴィクトリア&アルバート)博物館だけは行ってきました。

美術館めぐりは大好きなので、本当はもっともっと行きたい所はいっぱいあったのですが残念。

↓こちらはご存知、大英博物館。真正面からの写真はあまりにもベタなので門の外から撮った写真を1枚。(もちろん、左奥の建物です)

大英博物館は約800万点もの美術品や書籍などが収められているそうで(実際の展示品は約15万点)、なんというか「やっぱすごいね、イギリスさん・・・」って感じです。
1日いても絶対見終わらない展示物を、ほんのわずかな空いた時間に見ようとするのがそもそも間違いですね。
正面に着いてテンションが上がって写真を撮りまくっているうちにすでに30分経ち、入ってすぐの絶対見ろ!的に置かれているあのロゼッタストーンを見るために並んでいたら、もう時間がほとんどなくなりました。

結局、入り口から近い所にいらっしゃったラムセス2世様を撮って、エジプト・ギリシャコーナーを早足で見て退場。
(この後オペラ座の怪人の夜公演に行かなければいけなかったので・・・涙)

あまりにイケメンだったので、ちょっと近寄りすぎました。

出たところにあった看板がかわいすぎて、思わずパチリ!!見たままですが『ライオンに乗るな』(←横に大きな像があった)という意味です。

ライオンに乗るな

たった1時間半の大英博物館めぐりでしたが(全然めぐってない)、雰囲気だけは楽しめました。どちらかというと私はV&A博物館の方が好きなので、そちらの方もまたの機会にご紹介します。

ロンドンティールーム 楽天ショップ