Antique アンティーク

アンティークテーブルウェアの販売

シルバーアンティークウェアのコレクションを中心に、
英国より仕入れたアンティークテーブルウェアを専門的に取り扱っています。

Mappin&Webb(マッピン&ウェッブ)社で知識を学んだ店主が英国より買い求めた英国式ホテル仕様を中心とした、当店基準で状態の良い1900年代のシルバーアンティークウェアのコレクションを販売しております。
Mappin&Webb(マッピン&ウェッブ)、Harrods(ハロッズ)や、五つ星の一流ホテルで使用されていた希少価値の高い銀器を、漏水検査・研磨及びクリーニング等の手入れをした上でご提供しております。
ご家庭のティータイムから業務用まで幅広くご活用ください。

約300点ものアンティーク、約170点ものティーセットを取り扱い

ロンドンティールームでは、ティーセットだけで約170点、その他商品を合わせると約300点ほどを公式オンラインショップで販売しています。まずは商品を見てみたいという方は、店舗にてアンティークの実物をご見学いただくことも可能です。

希少価値の高いアンティークを含めた約13ブランドをコレクション

イギリス王室御用達のMappin&Webb(マッピン&ウェッブ)社やWalker&Hall(ウォーカー&ホール)社のものをはじめとした、約13ブランドのアンティークをコレクション。また、リッツカールトンのロゴの入ったティーポットのように、なかなか市場には出回っていない貴重なアンティークもロンドンティールームでは取り扱っています。単体として販売されることの多いアンティーク茶器ですが、当店ではティーセットとしてセット販売しているものもございます。

ティーセットとして使用可能な状態で販売

市場に出回っているアンティークは、一見きれいに見えても、中を見ると汚れていることはよくあります。ロンドンティールームでは、隅々まで洗浄をしたのち、必要に応じて再メッキ加工を行います。ティーセットとしてお使いいただけるくらいにまでメンテナンスしてから販売しておりますので、ご安心ください。なお、ロンドンティールームで再メッキ加工を行ったアンティークに関しては再メッキ加工のご相談をお受けできます。

アンティークのメンテナンス Before⇒After

取扱いアンティークティーウェアについて

取扱いアンティークティーウェアについて

当店で取り扱うシルバーのアンティークはほぼ全てシルバープレートです。使用により傷んでも、メンテナンスが行えるからです。

Read More

シルバーティーセットの日常の取り扱い方法

シルバーティーセットの日常の取り扱い方法

銀器は月1回は銀磨きをしないといけないと思っている方、いらっしゃいませんか?日常の取り扱い方法やお手入れについてご紹介します。

Read More

取り扱いアンティークブランド

マッピン&ウェッブMappin&Webbマッピン&ウェッブ
ハロッズHarrodsハロッズ
ティファニーTiffanyティファニー
クリストフルChristofleクリストフル
エルキントンELKINGTONエルキントン
ウォーカー&ホールWalker&Hallウォーカー&ホール
リッツThe Ritzリッツ
サヴォイ・ホテルThe SAVOY Hotelサヴォイ・ホテル
リッツ・カールトンThe Ritz-Carltonリッツ・カールトン
ブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysブリティッシュ・エアウェイズ
エールフランスAIR FRANCEエールフランス
ジェームズディクソン&サンズJames Dixon & Sonsジェームズディクソン&サンズ
フォートナム&メイソンFortnum & Masonフォートナム&メイソン
ウェッジウッドWEDGWOODウェッジウッド
リバティーLibertyリバティー
ウィルコックスWilcoxウィルコックス

アンティークウェアをお求めの方へ

  • ウェブで購入する
  • 当店のアンティークウェアはインターネットでも販売しております。メールやお電話でご相談いただくことも可能です。
  • オンラインショップへ

ロンドンティールームとアンティーク

アンティークテーブルウェアを取り扱うようになったのには、イギリスの代表的なシルバーウェアブランド「Mappin&Webb(マッピン&ウェッブ)」社との繋がりが大きく関わっています。

現在のロンドンティールームのロゴに使用されているロンドン市紋章もMappin&Webb(マッピン&ウェッブ)社の当時の副社長の計らいにより使用許可を得ることができたものです。
アンティークの知識を教えてくださったのも、Mappin&Webb(マッピン&ウェッブ)社です。アンティークを取り扱うようになった当時、主にMappin&Webb(マッピン&ウェッブ)社の紹介によってシルバーウェアを仕入れていました。

Mappin&Webb(マッピン&ウェッブ)社

アンティークテーブルウェアを取り扱うようになったのには、イギリスの代表的なシルバーウェアブランド「Mappin&Webb(マッピン&ウェッブ)」社との繋がりが大きく関わっています。

現在のロンドンティールームのロゴに使用されているロンドン市紋章もMappin&Webb(マッピン&ウェッブ)社の当時の副社長の計らいにより使用許可を得ることができたものです。

Mappin&Webb(マッピン&ウェッブ)社

そこから足を広げ、掘り出し物などを見つけるために、イギリスのポートベローで行われているアンティーク蚤の市でもアンティークを購入するようになり、現在に至ります。

Page TOP