Tea Story 読めばきっと好きになる紅茶のお話

紅茶の入れ方

2016.07.10

自然冷却法で作るアイスミントティー(ティーポット編)

twitter

従来のやり方とは異なるロンドンティールームオリジナルの作り方です

アイスティーの作り方6回目は、自然冷却方式で作るアイスミントティーの作り方をご説明します。

ミントティーは茶葉にミントの香りづけをしたセンティッドティー タイプの紅茶です。作り置きすると香りがなくなってしまうので、完成後はお早めにお召し上がりください。

ティーポットを使った、アイスミントティー4杯分のレシピです。

ティーポットを使ったアイスミントティーの作り方(自然冷却方式)_4杯分

用意するもの

  • ティーポット(茶漉し付き): 容量 600cc
  • ティーカップ 4客
  • グラス
  • メジャースプーン
  • 茶葉(ミントティー):4.0g × 3杯
  • グラニュー糖 :スプーン1杯 × 4杯


手順

1.

ティーポットにお湯を注ぎ、温めておきます。
※お湯の温度が低いと、紅茶がうまく抽出されないため、ティーポットを温めておくことで、温度低下を防止します。


2.

お湯を切ったティーポットに茶葉を入れます。
お湯600ccに対する分量(ティーカップ4杯分)は、メジャースプーン山盛り3杯(4.0g×3杯)です。


3.

沸騰直後のお湯を一気にティーポットに注ぎます。
このとき、ティーカップをヤカンの注ぎ口に近づけ、火元からヤカンを離さないようにしましょう。火元から離すと、その間にもお湯の温度が下がってしまいます。

●POINT●
2度沸かしのお湯や沸騰しすぎたお湯は避けましょう。
汲みたての水道水を火にかけ、5円玉程度の大きさの泡が浮き上がってきたころがベストのタイミングです。


4.

ティーポットに蓋をして、紅茶を約1分間蒸らします。
できあがりのアイスティーの色を美しく見せるために、蒸らし時間はホットよりも短めにします。蒸らし終わったら茶漉しを抜きます。


5.

ティーカップにそれぞれ、グラニュー糖をスプーン1杯入れて、紅茶を注ぎます。グラニュー糖の分量はお好みで。

●POINT●
このとき、大きめの容器に紅茶を全て注ぐのではなく、カップに小分けするようにしてください。
また、グラニュー糖を加えることで、紅茶中のカフェインとタンニンが結合するのを防ぎ、クリームダウン(紅茶が白く濁る現象)が発生しにくくなります。グラニュー糖が最適です。


6.

ティーカップに紅茶を注ぎ終わったら、グラニュー糖が沈澱しないように掻き混ぜて、そのままの状態で常温になるまで冷まします。目安としては、およそ10分です。

●POINT●
自然冷却をする際は、カップに小分けすることがポイントです。小分けしないでいると、常温まで冷めるのに時間がかかります。温かいうちに、冷蔵庫で急激に冷やすとクリームダウンが発生してしまうので避けましょう。常温に冷めるまで”待つ”ことが大切です。


7.

紅茶が常温まで冷めたら、氷の入ったグラスを用意します。カップの紅茶をグラスに注いだらできあがりです。

●POINT●
フレーバーティー、センティッドティー タイプの紅茶は香りがなくってしまうので、作り置きはできません。できあがりから30分程度でお飲みください。


以上がティーポットで作るアイスミントティーのレシピです。

お鍋で作るレシピも公開予定ですので、お待ちくださいね!

Blog Category

ブログカテゴリ一覧

Page TOP