トピックス

紅茶の旅

ついにロイヤルベビー誕生しました!
名前は、George Alexander Louis だそうです。
早速、友人から「何か記念品出たら買ってくれ!」と指令が来ましたが、これから続々とロイヤルベビー商品が出てくるんでしょうね~。

で実は‥‥そんな商品が出てくるのを待つことは出来ず、特派員はもうすぐ日本に1ヶ月ほど一時帰国をする事になりました!

帰国前の一大行事と言えば‥‥お土産収集!
と言うわけで、今回はお土産特集です。

ただ、この何年もの間にすでに数回帰っている身としては、どんどんネタも尽きてきていまして、すでにもっともメジャーなFortnum&MasonやHarrods辺りはとりあえず選択肢から消えてしまっています‥‥と言うわけで、若干マイナーに、さらにいつも通り庶民的なスーパー基本で集められております。

今回、妹から「使っていたエコバックが破れたから、新しいのを買ってきて!さらにお友達にもあげたいのでたくさん!」と言われ、いつも以上にエコバックを集める事となりました。

vol30_01

一応、ジュート製のものメインです。(サングラスは大きさ比較のため)

これらは、一番安い物で1.50ポンドほどで、この中ではPartridgesのもの(紫の縁取り)が4ポンドで一番高いです。
ジュート製のエコバックは、いろいろなスーパーやお店で出されていて、例えばTescoは、自社デザインの物はやはり1.50ポンドほどですが、デザイナーとのコラボでやはり4ポンドぐらいの物を作っていたりします。
Fortnum&Masonにもありますが、ちょっとお高くて最近は6~8ポンドくらい。季節によって模様が変わる事が多いです。もちろんお値段なりにはデザインも可愛いし、出来もしっかりしています。

これらのバック、お買い物だけでなく、普段のサブバックとしてもとても使いやすくて、ちょっとオシャレな物ならお土産としてもオススメですv
基本的にスーパーなどのレジ付近にありますが、一度商品が途切れると長いことないままだったりと、少々ムラはあります‥‥。

つづいて、やはり外せない紅茶。

vol30_02

メーカーは、PGtips、Twinings、Williamson、Partridgesです。

PGtipsは新しいのが出ていたのでロンティーさんへのお土産にしようかと(笑)

Twiningsは、あまり日本では見ないハーブティーやフルーツティーなど、珍しさもあるので良くお土産に買います。パッケージも可愛いし、これらは中でちゃんと個別包装されています。(右下にティーバックマークがあるもの)

WilliamsonのEarlGreyは、実は私が、それまで苦手だったアールグレイが好きになった1品で今でも大好きなのでお土産の定番です。差し上げた友人からは割とリピート頼まれます!

PartridgesのChelseaFlowerは、日本では余り売られてないのでちょっと、珍しい物をお土産にしたい時はオススメのもの。Partridgesは、Fortnum&MasonやHarrodsと同じく王室御用達のロイヤルワラントを持っているデパートですが、基本的に食品のみで規模自体小さいせいか、日本では後者2つのようには知られていません。でも、紅茶はどれもとても美味しいです。
このChelseaFlowerは、有名なチェルシーフラワーショーに因んで作られていて(Partridgesがチェルシーにある為)マンゴーやアップルなどの香りが付いていて、華やかでフルーティーな紅茶です。
確実に購入する場合は、やはりSloane squareの駅近くにあるPartridgesへ。

vol30_03

知らないと通り過ぎてしまいそうなほど、こぢんまりしています。

さて、最後にやはりお菓子!

vol30_04

お見事に全て近所のスーパーで買っただけのもの(笑)
でもどれも、普段自分が食べていて、美味しい、そして英国らしいかな、というものを集めてあります。
真ん中辺にあるBORDERのストロベリー&クリームショートブレットは本当に美味しいです!

というわけで、スーツケースにお土産いっぱい詰め込んで、数日後には日本に参ります。
日本滞在中はこのブログもほぼお休みになると思いますが、また再開した折にはよろしくお願い致します!

ロンドンティールーム 楽天ショップ