トピックス

紅茶の入れかた

従来のやり方とは異なるロンドンティールームオリジナルの淹れ方です。

キーマンティーとは

神秘的な芳香が魅力の「紅茶界のブルゴーニュ酒」

世界三大銘茶のひとつとして有名な紅茶。中国安徽省で作られ、香り高いゆえに「紅茶界のブルゴーニュ酒」と称される紅茶です。
茶葉は大きく、よく締まっているので、長めの蒸らしが必要なOPタイプ(オレンジペコの略です)。
独特の神秘的な芳香を伴ったリッチな香味があるので、ストレートティー(日本茶を飲むような感じ)でお飲みいただくのがオススメです。

キーマンティーのレシピ(紅茶の入れ方)

1人前の作り方(ティーカップ2杯分)

  • 茶漉し付陶器のティーポット使用
  • 使用茶葉:キーマンティー
  • ①家庭の水道蛇口から勢いよく出した『汲みたての水』をヤカンに入れます。

    ※ミネラルウォーターを使うとおいしい紅茶がいれられると
     思われがちですが、ペットボトルに入ったものは、中に
     空気が含まれていないのでよくありません。
     水道水の水は空気と有機物質イオンがたくさん含まれています。

    ②お湯が沸騰し始めたら、その熱湯でティーポットを温め、その後ティーカップも温めます。

    ③お湯を切った後、ティーポットに茶葉を入れます。

    1人分茶葉分量(ティーカップ2杯分)
    山盛り3杯(4.0g×3杯)

    ※茶葉はリーフタイプ(大きな茶葉)です。

    ④お湯は沸騰直後、一気にポットに注いでください。

    注ぐ温度が一番重要です。(95℃以上)
    お湯を高い位置から注ぎ込むと、お湯の温度が下がります。

    ※当店オリジナルティーポットの場合、
     ティーポット9分目(イラストの赤い色のところ)まで注いでください。

     ティーポットのお湯と茶葉のバランス
     茶葉分量約12.0g(4.0g×3杯)
     お湯の分量約580cc

    ⑤2分程で紅茶が出来上がりますので中の茶漉を抜いてください。

    ⑥カップに紅茶を入れてください。

    水色(すいしょく)は落ち着いた橙色の紅茶です。
    ※水色とは、淹れた紅茶の色のことを言います。

    オススメのお菓子や食べ物(キーマンティー)

    渋みが強いので、渋みを楽しむストレートでお飲みください。
    意外にも羊羹との相性がいいので、羊羹と一緒に煎茶感覚で頂くのが
    オススメです!
    和と洋のハーモニーをぜひお楽しみください。


    この茶葉のレビューを見る
     (楽天の商品レビューページへ移動します。)

    その他の紅茶のレシピを見る
     ロンドンティールームでは、紅茶の淹れ方の基本から、
     ポットティー、ロイヤルミルクティー、アイスティー各種のレシピを
     ご紹介しております。

    ロンドンティールーム 楽天ショップ