トピックス

業務用紅茶

作り置きのアイスティーの問題点

店舗を経営されている皆様、アイスティーはどのように提供されていますか?
熱湯で抽出した紅茶を冷やして、作り置きしている店舗様も多いのではないでしょうか。

リーフで紅茶を抽出した時の問題点の1つが茶葉を『漉す』こと。
茶漉しを通しても、ダストと呼ばれる粒上の茶葉まで、すべてを完全に漉しきるのは現実的でありません。

漉しきれなかった茶葉が、紅茶にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
もちろん、抽出した紅茶をすぐに飲む場合には、それほど大きな問題にはなりません。

ただし、アイスティーを作り置きする場合には注意が必要です。
こうした小さな茶葉からも、紅茶の抽出は緩やかに続いているからです。

あまりに長時間、作り置きのアイスティーを置いておくと、渋みや雑味の強いアイスティーになってしまう場合があるのです。

夏場はアイスティーの回転がよいので、さほど気にならないでしょうが、問題はアイスティーの注文が少なくなる冬場。

注文が少なくなるとはいえ、冬場のアイスティーの注文は0ではありませんから、アイスティーの作り置きは必要です。

さて、どうしたものでしょう。

水出し紅茶は冬場にこそオススメ

そうした問題を一挙に解決するのが、「水出し紅茶」です。

水出し紅茶は、熱湯で淹れる場合に比べ、抽出は緩やかであり、渋みや雑味がでにくいのが特徴です。
そのため、熱湯で抽出して作るアイスティーよりも、時間経過による味への影響が比較的少ないといえます。

こうした利点を生かし、アイスティーの注文が少なくなる冬場こそ、水出し紅茶を使ってみませんか?
ロンドンティールームの水出し紅茶はティーバッグなので、十分に抽出が完了した時点で取り出すことができるのもポイントです。

紅茶を水で抽出することに不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、当店の水出し紅茶はすべて殺菌処理をしておりますので、安心安全にお使いいただけます。

■下記記事で、水出し紅茶のレシピを紹介しておりますので、ご参考にどうぞ。
⇒水出し紅茶のレシピはコチラ(クリックでリンクへ移動します。)

サービスとして無償で提供するのもアリ

冬場に余るアイスティーを、
お客様へサービスとして、無償でお出しするのも、1つの方法です。

無償で提供するサービスですので、ウォーターグラスなどの少量で構いません。

この目的は、夏場で需要の高まるアイスティーの『販促』です。
実際に、プロの方向けに開講しているプロ向け紅茶実践講座でも、こうしたアドバイスをしたことがあるのですが、アイスティーの注文が増えた、というお声も頂いております。

皆様も冬場にこそ、水出し紅茶をどうぞご活用ください。

■水出し紅茶のご購入はコチラ

⇒公式直営ショップで購入(クリックで商品ページへ移動します)

⇒楽天市場で購入(クリックで商品ページへ移動します)

ロンドンティールーム 楽天ショップ